メンタルケアカウンセラーは在宅試験?

メンタルケアカウンセラーとは特定非営利活動法人医療福祉情報実務能力協会が認定している資格の一つです。
平成19年5月に登録された資格で比較的新しい資格ですが、この資格は協会賛助会員指定校の教育課程を修了する事で取得可能な資格であり、試験などは必要ありません。
ヒューマンアカデミーの通信講座であれば在宅学習で資格の取得が可能です。
資格取得の平均学習期間は三か月ほどでカウセリングの入門ともなる資格です。

 

↓↓↓在宅試験で取得できるヒューマンアカデミーのメンタルケアカウンセラー講座↓↓↓

メンタルケア心理士講座

メンタルケア心理士講座教材

メンタルケア心理士講座(カウンセリング実技実践付)はメンタルケア心理士講座とカウンセリング実技実践プログラムのセット講座です。

≫詳細ページ

メンタルケアWライセンス講座

メンタルケアWライセンス講座教材

メンタルケアWライセンス講座はメンタルケア心理士講座にメンタルケアカウンセラー講座を追加したセット講座です。

≫詳細ページ

↑↑↑無料でメンタルケアカウンセラーの資料が手に入る↑↑↑

 

メンタルケアカウンセラーの資格取得方法

メンタルケアカウンセラー資格は通信講座などで資料を請求しテキストを元に学習していきます。
標準学習期間が三か月であり、在籍期間は半年となっていますので半年以内には資格取得を目指せるようになっています。
メンタルケアカウンセラーの講座では学習期間内に4回課題の提出を行い、それぞれ一定の点数以上を取っていればメンタルケアカウンセラーの資格が取得出来るシステムになっています。

 

他者のカウセリングをするだけではなく、自己啓発の為の資格ともされており心理カウンセラーの入門資格として人気が高いです。
様々な資格があるカウンセラーの中でもメンタルケア心理士などの上位資格があり、ステップアップをしていく事で専門性を高める事が出来ます。

 

心理学の基礎も学ぶ事が出来ますので、コミュニケーション方法や日常的な関わりなどについても学ぶ事が出来ます。
心理学の知識は対人関係においても役に立ちますし、知識を深める事で多角的な見方も出来るようになりますので人間としての深みも増していく事が出来ます。
カウンセラーは聞き上手でもあるのですが、そういった技術も体系立てて学べますので仕事として考えなくても今後に生かしやすい資格です。
履歴書にも記載出来る資格ですし、医療従事者や福祉業界で勤務している人のサポート資格としても需要がある資格です。
社会人では職場の人間関係にも悩みを抱くものですが、そういった職場の人間関係の悩みを整理する為にも有効とされており、会社員の資格取得者も多いです。